FC2ブログ

ドン妻のささやき

珍生活スタート記念

無題。

今日ネットで 実際に中絶をされた胎児達の写真をみた。

それを紹介してはった方は「気持ち悪い」と思うか「かわいそう」
と思うか 人それぞれだと書いてたが
取り出す器具を握ってる手の写真とかあって 
私には言葉にならないものだった。

同時に この詩が紹介されていました。

作者・鮫島浩三さん

子供は親を選んで生まれてくる そういう詩です。
たぶんこれ 有名でみたことある人もいるかも。

生まれたのはつい 昨日のことのようだけど
それにまつわるいろんな過去 や状況があって
私たちは今日に至る。

自分が妊娠する前から
女性としてその手術に関して知識はあるつもり。
けど中期中絶の写真を見たのははじめてだった。
決断の前にこの写真を見ていたら
もっともっと強烈に思うことがあったのではないか と思う。

病院によっては母になるはずの女性が術後に見せられるその命 

中絶させた男も見るべきだろう。
もう二度と繰り返すことのないよう。

今日はこのことを書かずにはちゃんと眠れそうになかった。
書いたけどちゃんと眠れないかもしれない。

ひとりごとです。

スポンサーサイト



  1. 2006/09/10(日) 01:38:04|
  2. ささやき|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

ドン妻

08 | 2006/09 | 10
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search