FC2ブログ

ドン妻のささやき

珍生活スタート記念

産院 

赤子を産む産院は、総合病院。
もともと、子宮の検診を受けていたクリニックのかなり年配の
担当医からの紹介だった。
婦人科と別れているのでかもしれないけど、
腹デカねえさんばかりで「どこが少子化だ?」と目を疑う。

臨月なので検診は毎週です。
内診が毎回と、チョーんぱー写真が2回に一回。
35歳なので チョーんぱー無料が1回と、診察無料も1回。

チョーんぱー写真をよろこぶ妊婦さんは多いけど
私は写真の顔がコワイのでなくてもいいくらい。
内診=2500円、チョーんぱー=4500円。
毎回写真の産院もあるらしいので、ここは割安になる。

そして先日、手術の費用33万円(5日間の入院料込み)。
耳を揃えて払ってきました(とはいえ、とりあえず借りたお金ですけど)。
産婦人科が腕ききというので有名なその病院なんですが、
「お産セット」というのがついてるらしくて、
一通り用意した荷物を大幅にへつることになった。
本に書いてるような大準備をしなくてもよかったのです。
良心的☆

私はヘルペスもちなので、分娩のときに発症したら帝王切開になる。
そうすっと日にちはのびるけど自然分娩でも
10ヶ月のもんがんばって出して「5日間入院」って短くねェ?
なんておもいながら、アメリカのサイトを検索してみると
「次の日退院」も普通らしい。スゲー。


「チョーんぱーが間近で見たい」というかいね。
病院に他人が見れるか聞いてみたらば
「内診室に入れるのは状態に事情のある人だけ。」だった。
ごめんね、見れなくて。透視してみて。
そして、生まれたらお見舞いに-病院に聞くと
「両親」または「配偶者」のみ。感染症を防ぐためだって。
ごめんね、黄疸とれてゆくとこムービーできないや。


産むー と決めてから かいねに
「んで、どこの病院で産むのか決めた?」

と聞かれて病院の名前を答えたら
「え、私そこで生まれたデ。」だって。びっくりくりくり。
「ちなみに私たち兄弟3人全員そこ。」だって。クリックリ!
「そして私のお母さん、そこで看護婦やってたで。」だって。とーるチャン!!

縁としかいいようがなさそうなのでそこでがんばって産むよ。ウヒ★
スポンサーサイト



  1. 2005/08/10(水) 19:19:41|
  2. BABY|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<お盆なのに お餅 | ホーム | 今日のお洗濯>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://doncornelius.blog12.fc2.com/tb.php/100-6eeda646

ドン妻

09 | 2020/10 | 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search