FC2ブログ

ドン妻のささやき

珍生活スタート記念

こんなんはアリか?

すごい取り合わせが実現した。

長いから興味ない人はスルーをね。
過去&家族ネタです。

<今回のあらすじ>
うちの両親と元ダンナがうちの家で再会。もちろんトギ助も。

何故に・・・・?もちろん縁りを戻すとかじゃないよ。
前にも書いたけど妙に憎めないヤツでして夫婦関係は終わっても
連絡とか情報交換はしていた。

今回はひょんなことで渡すものがあったけど
もし元嫁が他の男との間にできた子なんて見たくなければ
そのブツを郵送で送るけど 送料かかるからもったいないし
家近くやから興味あるなら顔でも見てやって 
と試しに言ってみたらホントにきてくれた。

元嫁が子を生んだ。そいつらが自分の苗字を名乗っている。
しかもすごい変わった名前。
ブラジルとかモンゴルにもいそうな名前だ。

過去に自分は結婚はしたけど子供なんてまっぴらゴメンと
突っぱねてくれた過去があるけど どんな気持ちだったろうか。
感覚的に趣味が濃く、レゲエから始まってギャングスタ系ヒップホップへ
アメリカの黒社会にとことん憧れて趣味の基準をそこに置いてきた奴。

そして今回ハーフの子だということを知らずに見にきた。
引かれるかもなぁ と思っていた・・・
顔のぞきつつ無言・・・でとりあえず「あは、あは」と空笑い?

しかししばらくして 意外にも
「こんなオモロイ展開はない」と笑い出した・・・・

そして妙なシチュエーションがもうひとつ。

うちの母とのコラボレーション夕食。

これは・・・・さすがにすごい。

あらかじめ言ってたので、母がいる日だというのを承知でやってきた。 
母も元ダンナの人間性は好きでいつも酒を酌み交わしては
ワイワイやってたその昔。

うちの母は割り切るのが早い人だ。

「この再会は絶対おかしい!」と元ダンナが言い、大人3人うなずき
「おかしいついでにご飯でも」と母も言い出して 
「確かにこの取り合わせはおかしいし、オモロイ」
といいSUSHIをとることに。なんで寿司や!なんの祝いや(笑)

おかしいこの4人(元ダンナ・母・私・トギ助)
なにがしかオモロイ雰囲気、ええのかどうかわからないけど
不思議と盛り上がり・・・ました。

実は元ダンナの親父さんが先月他界したことで連絡が。
離婚を期にいろんな事 いろんな思いを経て 親の死を経験したことは
うちの親に会える気持ちのフッキリにもなったんかな。
私も一応そこの一員として受け入れられた8年という期間がある。
元ダンナの母は離婚の理由は息子にあるのに 
離婚しても名前を戻さないなんて「変わってる子やなぁ」
と言ったけど 私の思いはこうだ。

その名前も私の人生の一部で
結婚をやめたけど奴と結婚した事は後悔してない。
名前が変わるとしたら そこからまた変わればいいかなと。
結婚も離婚も日本じゃ紙一枚でできるけど しがらみを抱えつつ、
その名前を8年も名乗ってきたという重みはあるんだよね。
離婚して元の名前に戻る人が多いだろうからそれを否定はしません。
でも人生やり直しじゃなくて それを越えつつ続いてゆく。
戻るという事自体がなんとなく・・・イヤでね。
そういう思いを持つ人間も中にはいるんです。 

それとその名前で歌の活動を進めてきたしそれも多いにあり。
ちなみに旧姓で姓名判断をしてみると とんでもなく悪い・・・

両親にとっては 離婚後の娘と元義理の息子。

うちの親もそのあたりの物分りだけは抜群にいい。
過ぎたことは悔やんでも仕方ないし 
人生何が起こるかわからない。
人間性のもつ信頼関係ができてたから今も話せる。そう感じた。 

この状態をそうとっていたようだ。
利害性のある交友関係なら 利害がなくなればサヨナラ、
金の切れ目が縁の切れ目てのもそのひとつで
そういう人にはそういう人がくっつくものです。たぶん。

そんなこんなで4~5時間 時は過ぎ
最終的に食事の席にはいなかった父が母を迎えにきた。
父も再会に驚き。

父は男性に会うと必ず握手をする人。
なんの躊躇もなく 再会の喜びの方が大きいよな感じ。
「うわぁ 久しぶり!」といいながらまた握手を。

うがーーーー

元ダンナと両親と トギ助のコラボレーション。

うがーーーーーーーーー

なんかやっぱりオモロイ 変だわ

こんなことが実現するのはきっと この両親の人柄と

もちろん 元ダンナの憎めない性格、これ大。

今日はええ日や!そう言って帰っていった元ダンナ。
不思議な時を過ごしましたよ。とーーーってもサンクス。

USモノには服装から生活用品にいたって凝る男・
そんなヤツからの誕生祝い品がコレ。
200604262312172

US版ファーファ? 本人曰く激レアグッズ。
一押しの品!と豪語していたがホンマかいな・・・・ほほほ。
いや、でも その感性は失わないでほしいわ。
私も趣味はすっかり影響されたまま受け継いでるしね。

20060426231217

ところで 気になるのはこいつの表情だ。なんかイってるよな・・・

ほんでもって トギ助の反応はまた時間ある時にでも。

長くなりました、家族ネタ。
別れた時はこんな再会の仕方があるとは夢にも思わなかった。






スポンサーサイト



  1. 2006/04/26(水) 23:44:29|
  2. 珍生活|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2
<<髪型について | ホーム | ははは8ヶ月が過ぎ>>

コメント

す、すげぇ・・・

オモロすぎる!妻さんバンザイ!またゆっくり話聞きたいわーーー。自分が経験したことを後悔しない、ってのは同感です。自分が歩いてきた道に感謝しつつ、楽しくいかなくちゃ、と思いますです。
  1. 2006/04/27(木) 13:43:33 |
  2. URL |
  3. chise #-
  4. [ 編集]

Chiseちゃん☆

ようこそ☆そしてこんな長ったらしい日記を読んでくれてありがとう!

出来事はたくさんおこりうるからこそ反省はしても後悔はしたくないよね。
などとカッコいいこと言ってても後悔した経験も実はたくさんありますが(汗)
元ダンナとの結婚と、出産については後悔しなかった。離婚で苦労しても自分の中で得たものは一生残る。出産は男に手の平返されて妊娠を一人で抱えてしまったけどこちらも一生モノ。

このシチュエーションは 元ダンナを知る
友人からすると「ありえる話」で
「違和感ない」らしい。(ご意見いただきましたのはKちん、ありがとう。)

嬉しいのは「今日はええ日や」と言って帰っていったことかな。

  1. 2006/04/27(木) 23:36:27 |
  2. URL |
  3. ドン妻 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://doncornelius.blog12.fc2.com/tb.php/348-41943fea

ドン妻

10 | 2020/11 | 12
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search