FC2ブログ

ドン妻のささやき

珍生活スタート記念

産むということ

困ったとき誰に相談する?
愛してできたはずの命、その父親は?
子供の顔にどんな面影を見て生きてゆくのだろう。
周りの目は?私の家族や親はなんていう?
もし私が病気になったら?

今尚、考えることは山盛りございます。

私のようにリスクを承知で産む決断された方、
そして理由あって産まない決断された方、たくさん
おられると思います。私は友達の手術に付き添ったこともある。
けど運命とはある意味自分で作ってゆくものでもある。
その決断に至るということはその時そうなるべく、
その人が自分に定めた運命である と私は思います。


ひとり親がどんな生活になるのか調べる必要もあるし、
生活保護や生命保険、育児費用など調べてみた。
すべてを一人でできるのか。
Fatherlessとは過酷だな。ネット不得手だけど検索に
検索を重ねてみた。なかなかイバラの道である。
実家に住まえて頼れる人ならまだましかも。

もし協力者がなくて、中絶していたら?とも時々考える。
一生抱える心 そして年齢から、体の問題になる。 
妊娠に気が付かず、すごいハードに過ごしていたのに
すくすく育ってもう人の形していた時はさすがに生命力を感じた。

今8ヶ月、やんちゃな子になりそうな
動きをしてるのがやや心配だけど、
産む決断は決して間違いではない そう思える瞬間でもある。 
他の妊婦さん同様になんとなくお腹をなでなでしてしまう私だ。
スポンサーサイト



  1. 2005/05/31(火) 02:17:03|
  2. LUV&HAPPINESS|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<避妊につきまして | ホーム | 前のダンナ>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://doncornelius.blog12.fc2.com/tb.php/4-c0a5a315

ドン妻

09 | 2020/10 | 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search