FC2ブログ

ドン妻のささやき

珍生活スタート記念

責任

例えば誰かを殴った。
「傷つけるつもりはなかった」 
なかったのに殴った、とその時点でもう矛盾している。
腹がたつから殴るんでしょう、きっと。
腹のたつ理由があまりに幼稚で説明不可になった場合の言い訳その1。

例えば誰かを裏切った。
「裏切るつもりはなかった」
なかったのに結果裏切った、自分の立場を守るために。
欲に駆られておいしいとこ取りですかね。
でもクールな自分立場が揺らいだ。
人の足場を壊しておいて 知らぬ存ぜぬで通そうとする言い訳その2。

やっていいことと悪い事を学ぶ
これは幼少の頃からしてきたことで
今頃の年になっても 人を傷つけたり、
事の始末を押し付けたりと
自分のケツを拭けない人間がいることを
大変うとまししく思う

言い訳で切り抜けるつもりが 逃げ切れない末に
被害者意識を持つような感覚にさえなれるらしい

その責任を問う方も疲れてきます。
そいつらの思考回路に合わせるのは無理だし、
そこにヒトとしてココロがあれば 
そんなこといちいち説明しなくてもいいのに

最終的にはそれに対して応答すらしなくなる

これが究極の彼らの逃げ道

家族はなにを教えてきたのか

誰も本気で怒ってくれない 周りにも恵まれない
怒っても聞く耳を持たない 周りももうひきとめないのだろうか

責任というのは 重くて面倒くさいものだ

でもそれを背負うことは 
人として学ぶことのひとつなのだと思う

罪を償うという責任とか 社会的立場を自ら立てる責任
いろいろあると思うんですけど。

自分で起こした罪でさえ「どうしようもない」と判断するのは
究極の逃げで、それは繰り返すことを意味する 
人を粗末に扱う人は いずれ人からしっぺ返しをうける。

そこにいきつくまで逃げ道を作ってあげたとしても
そっちにはいかないもので そういう類の人は。

できれば この辺にうろうろしないで
遠くの離れ小島にでも 集まって暮らせばいいのに。

うわー いややな そんな島!

スポンサーサイト



  1. 2006/11/06(月) 00:26:26|
  2. ささやき|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2
<<生活。 | ホーム | 翻訳とは>>

コメント

うんうん。

頷きながら拝見いたしましたよ。

私は自分が白黒はっきりしないと嫌な方なので、そういう
グレーでズルイ人たちはすごく苦手です。

願わくば我が子は責任感のある、逃げない人になっていただきたい。
って、私がお手本になっていかないといけないんですがね。

しょーもない話ですが、最近会社で結婚の祝いを貰っておいて
人に言われるまでお礼の一つも言えない若者がいたもんで、
ありがとうを言える子に!と再度強く思った次第。
20も超えると親の躾云々だけじゃぁないですけどね。。。

って、話がそれてすんません。
  1. 2006/11/09(木) 03:19:52 |
  2. URL |
  3. ももた #bDZ5zGMg
  4. [ 編集]

そうなのです

逃げない子になってほしい!
私もウーウーウーウナウナ頷きながら
コメント読みましたよ。
話が面倒になるからと口を紡ぐことが卑怯なのに
それをいちいち説明せないかん事が疲れます。
自分に泥がかぶらないためでしょうね、
最近女の子を殴っておいて 明るみにされると
言い訳しながら逃げる輩がいたので腹が立って
おりました。

「逃げ道を作ってあげたとしても いかない」
自分の行動を認めて 思い返すチャンスを
あげたとしても、逆に被害者意識もつのです。
いつからそういう人のココロは
ゆがんでしまうんだろうか 幼少期なんだろうか
と考えたりします。

例えばおもちゃを壊した責任をとれ!
というわけではないけど 
毎日言って聞かせることは怒る方も
しんどいけど「何故壊したらいけないか」
「大事な人」や「大事なもの」っていうのを意識するようには今のうちからしていかないとねぇ やっぱり と思います。

あいさつやありがとう も気持ちで言えることが大事で 今は私たちの真似だけだけど 
言えたら自分も相手も嬉しいよ って
わかって言えるようになってくれればと。

そして私はトギ助のことでたくさんの人達の
お世話になりました。忘れてはいけない 
と思います。思うけど貧乏といそがしさに
かまけて お返しはできてない。
せめて成長報告だけ・・・って感じで。

結婚式のお祝いかぁ そうですよ、お礼は
忘れてはいけませんよね。
うちは式は身内だけでした。
離婚したらなんて申しあげてよいのやら、
だったけど(^^;) いただいた友達には
報告はしましたよぅ。

子供いるといろーんなこと考えますよね、うん。

 
  1. 2006/11/10(金) 00:04:28 |
  2. URL |
  3. ドン妻 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://doncornelius.blog12.fc2.com/tb.php/448-b35becd9

ドン妻

10 | 2020/11 | 12
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search