FC2ブログ

ドン妻のささやき

珍生活スタート記念

意思

ちょっと前の中国の強制中絶のニュース報道で
また胎児の死体標本写真を目にしてしまった。

普通のニュース番組で何の予告もなく映る報道の自由。
あえて見たくない人もいるのではないかと思う。

標本といえど死体。
中期以降の中絶には死亡届が必要、そして火葬される。
胎児はれっきとした人間。

子供を持った今―
 
過去の妊娠発覚時の事を忘れたわけではない。
その命を絶つのかと 選択をせまられた、あの悲惨な気持ち。
忘れたくても 心の奥で忘れられないと思う。

子供と過ごす毎日は、やんちゃくれに怒りつつも
だらしない笑顔や 泣き顔 表情のひとつひとつに
その価値を感じる今日この頃ではある。
同時に あの悲惨な気持ちがあって生まれてきた命だとも感じる。
どうすることもできない気持ちでおなかに手を当て、
泣くことしかできない毎日だった。

ただ、選択はせまられても 断固として本能が許さなかったのは
その胎児であった息子の生命力のせいだと思う。
「え?何?オレ生まれるで?」
そんな感じだった。
その生命力と裏腹に自分の精神力のなさにめげたものだ。

なので今でも、中絶に関して敏感に反応してしまう。
過ぎたから他人事 ではなく 
選択を迷ってきた道なので さらに思いも強まっている。

先日もネットで写真を見て 精神的に重圧した気持ちになったけど
今回は 見る準備もなく 突然映った。
日常のちっさい出来事に感動している毎日に
ハッ とした思いとまた重圧感がやってくる。

全ての命は 望まれて生まれてくるものである。

しかし 望まれなくて絶たれた命も この世にあることは否めない。

せめて 再び 繰り返されないように祈りたい。



意思のある命のために。



スポンサーサイト



  1. 2006/10/23(月) 00:33:19|
  2. ささやき|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<ハハのチチ | ホーム | 言語禄・2>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://doncornelius.blog12.fc2.com/tb.php/453-befda7f9

ドン妻

10 | 2020/11 | 12
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search