FC2ブログ

ドン妻のささやき

珍生活スタート記念

選択肢

人工中絶について asahi.com の記事から。

16~49歳の女性の6人に1人の割合で経験している

そんな推計が、厚生労働省研究班と日本家族計画協会の共同調査で出た。
2/3近くが条件つきも含めて中絶を容認しているが、
経験者の多くが精神的なショックを受けていたこともうかがえた。

調査は2004年10~11月に層化2段無作為抽出法で実施、
全国の16~49歳の女性890人が回答した。人工中絶について、
全体の59.9%が「一定の条件を満たせばやむをえない」とし、
「認める」(5.5%)と合わせると65.4%が容認派で、
「認めない」の7%を大きく上回った。

一方、人工妊娠中絶の手術を経験した人は16.3%。
うち約3割が複数回実施し、
初めて手術を受けた年齢は20歳以下が31.7%を占めた。

最初の手術を受けた理由は、
「相手と結婚していない」(22.1%)、
「経済的余裕がない」(17.2%)、
「仕事・学業を中断したくない」(9.0%)、
「体が妊娠・出産に耐えられない」(8.1%)と続いた。

初めて手術を決めたときの気持ちについては、
「胎児に申し訳ない」(55.9%)と、
「自分を責める気持ち」(15.2%)が7割を占めた。
一方で、「自分の人生において必要な選択」が11.7%だった。

ここから個人的意見と別の統計。

当時の私は考える時間も健康な精神もなかった。
決断するまでどのくらいの日数だったのか、記憶も薄い。
中絶に関してもとことん調べたな。

それを選んだ場合 どんな「処理」をされるのか。

男性でちゃんと知っている人はどれくらいいるのだろうか。
結婚予定者や子供がいる人、特に既婚者は何を思ってそんな決断するのか

「もう2人おるし、3人もいらん」とかそんな感じで?

それでも恋愛にいろんなケースがあり、いろんな思いがあり
こんな統計の数字が増加の一途をたどり、
さらには繰り返す人がいるってことだ。

だけど 女や子供のために頑張れない男には交通事故のようなもので
痛みを分かち合うことは 難しい。

私のような例は少ないかもしれないけれども
外国では 未婚出産の率は割合高い。

一例とってみます。

昨年米国で生まれた新生児は前年比微増の約410万人で、
うち37%にのぼる150万人以上が未婚の母による出産。
4割弱
です。

結婚を先延ばしにしたり、結婚を前提にしない同棲カップルが
170万組以上と30年前の8倍以上にまで増え、
こうしたカップルの出産が増加していることや、
出産チャンスを逃したくない30代・40代女性が、
結婚という形式にこだわらず出産を望むようになった。
また人種的にはヒスパニック系で最も増加が大きかったが、
すべての人種層で増加が見られた。
(livedoor news から抜粋)

10代の未婚出産は去年から2%減少しているそう。

95年に白人の中で生まれた子ども背景には、の25・3%は、
親が結婚していない状態で生まれ、この割合は80年と比較しても
2倍以上に増加した。
同年、黒人だけでは69・9%であり、ウィスコンシン州では
実に82・8%であった。五大湖周辺の大部分の州では、
黒人の子どもの約8割が未婚の母親から生まれているのである。

8割ですって。すごい数字ですが。

スポンサーサイト



  1. 2006/12/19(火) 00:57:02|
  2. ささやき|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<しもやけ | ホーム | 遊んでー>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://doncornelius.blog12.fc2.com/tb.php/486-37d81cc1

ドン妻

09 | 2020/10 | 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search