FC2ブログ

ドン妻のささやき

珍生活スタート記念

訪問者

      老婆がひとり

  蒼く広がった湖の ほとりに

   今日もまた 神の恵みを

   心いっぱい すくい上げて

 ひと休み そしてゆっくり歩き出す

   小さなその身体は やがて
 
   この世の訪問期間を終えて

 いつしか大きな太陽の それに変わる


       朝露 ひらり

   深い霧に包まれた 細い道

  雫たちが ひとつぶ ひとつぶ

   緑いっぱい 伊吹くように

 小さな葉がやがて この森の神となり

  広がる大きな空の使者となりゆく

義理のおばあちゃんが亡くなったことを詩にしてみた。

朝 私たちを呼べと いったらしく、
義理の母から電話があってついたら40分後に亡くなった。

はじめて目の前で 老衰で人間が死んでゆくのをみた。

人生は 無 であるとも  

意味がある とも感じた。
スポンサーサイト



  1. 2005/02/11(金) 20:56:42|
  2. 詩集|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<MY TRAIN | ホーム | 無題>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://doncornelius.blog12.fc2.com/tb.php/59-8ae45f47

ドン妻

09 | 2020/10 | 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search