FC2ブログ

ドン妻のささやき

珍生活スタート記念

Me & Mr.Jones

Me & Mr.Jones 降りだした雨
アンブレラに 肩を寄せる 言葉いらず
触れ合う指先で 愛の温度を確かめ
禁断の夜に濡れ ダメよ ダメダメ あぁ 拒めない
Me & Mr.Jones 

Me & Mr.Jones 呼び出した夜
携帯電話に貴方からの メッセージ
伝わる振動が 愛の電磁波ね
欲望の夜は過ぎ バイブなハート あぁ 消えないで
Me & Mr.Jones 

Me & Mr.Jones むくわれない恋
(お客様の、おかけになった電話番号は・・・)
こんな日がくることなど そうよ わたし わかっていた
あの日のように雨が降る アンブレラ あぁ 今は独り 
Me & Mr.Jones  [Me & Mr.Jones]の続きを読む
  1. 2005/02/24(木) 12:05:18|
  2. 詩集|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

MY TRAIN

大きな タンポポ それは 頭
お揃いの ハッスルスーツで
節くれたダークな小指に ゴールドリング

笑顔が眩しい ファルセット
広がる裾は 長い足
それはまるで カモシカのように 
ステップになびくよ

LOVE 歌声が誘うは ソファ
PEACE 響くは心 ひとり ソファ
SOUL 滲むは涙 皮革の ソファ

大きな 口元 あつい 唇
素肌に ラメ入りロングコート
弾き飛ばせ その不幸 ソウルトレインで

躍動の筋肉 ギャングたち
男も女も ジャックする
それはまるで トビウオのように
ステージにのぼるよ

LOVE 空間に浮かぶは ミラーボール
PEACE 映るは心 キラリ ミラーボール
SOUL めくるめく恋の ミラーボール

君を駆り立てる 熱き血潮 HERE IS YOUR HOST
君にも流れるさ 熱い涙 司会はドン・コーネリアス
むせび泣く ソファ 心踊るる ミラーボール
僕らをのせるミュージックトレイン
[MY TRAIN]の続きを読む
  1. 2005/02/23(水) 23:10:34|
  2. 詩集|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

訪問者

      老婆がひとり

  蒼く広がった湖の ほとりに

   今日もまた 神の恵みを

   心いっぱい すくい上げて

 ひと休み そしてゆっくり歩き出す

   小さなその身体は やがて
 
   この世の訪問期間を終えて

 いつしか大きな太陽の それに変わる


       朝露 ひらり

   深い霧に包まれた 細い道

  雫たちが ひとつぶ ひとつぶ

   緑いっぱい 伊吹くように

 小さな葉がやがて この森の神となり

  広がる大きな空の使者となりゆく
[訪問者]の続きを読む
  1. 2005/02/11(金) 20:56:42|
  2. 詩集|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

無題

命よ 何故 鼓動をするのか

何を望んで この世に誕生するのだろう

その意味は いまはないかもしれない

君がわたしの中に 芽ばえなければ

惰性の渦に 巻きつかれて

沼床に足をとられ

気がつけば ただひとり

老いてゆくのであろうか


君よ 父は そばにいない

何を望んで この世に生きてゆくのか

そのわけは 見失いいくつもの

言葉の中に 身を潜める

欲望の茎に 巻きつかれて

葉を這う虫たちに

おびえながらやがて 冬がきて

枯れてゆくのであろうか

充たされた部屋の中で 壊れてゆく心をつむぐより

手のひらに ただひとつの 小さな命

すべての人生には意味があり

いまは何も 問うことはしない

手のひらに ただひとつの 小さな命

明日も生きる 意味を知る
 
  1. 2005/02/11(金) 20:00:05|
  2. 詩集|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

アナタノ カエル ヒ

   ひらひら 風は散る 時はもう九月の
   
   昨日 虹の霧雨 今日陽は穏やかで

   両手に暖かい 縁側に腰掛け
    
   ぬくもりを忘れないように   
 
   愛するアナタの帰る日 空は晴れて
   
   愛したアナタはこの手に ワタシを包んで


   ゆらゆら 揺られても 雲は白く

   夕焼け空へ流れ 月の陽が射す頃

   長い髪を櫛でとかして 鏡に向かうわ
 
   ひとりの夜がまたちかづいて

   愛するアナタの帰る日 空は晴れているかしら

   愛するアナタは この手の中 ワタシを包んで


   しんしんと雪落ちて ワタシはもう

   アナタを待つことはない

   愛するアナタは小さく この手の中 
  
   いつまでも ワタシのそばに

    
    [アナタノ カエル ヒ]の続きを読む
  1. 2005/02/11(金) 19:33:48|
  2. 詩集|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
前のページ 次のページ

ドン妻

09 | 2019/10 | 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search