FC2ブログ

ドン妻のささやき

珍生活スタート記念

しもやけ

子供の頃 しもやけがひどく 毎年冬には悩みの種でした。

しもやけってとっても辛いの。

私は足の指が強烈に腫れて 靴が入らなかったし
歩くこともできなかった。

小指は常にパンパンに腫れ、ほぼ全部の足が痒い痒い。
さらに 教室ではストーブを入れるもんやから
授業中はずっと痒くてイライラ。

痒いのを通り越したら 痛くなる。

血がたまっているような、なんともいえない痛さ。
しもやけの対処法は 針で プチュン と 血を出すわけだけど
黒~い血が出る。あ~やだやだ。

手とは違って がさがさのひび割れにはならないけれども とにかく痛い。

痛くなったら 歩けない。

立てない。

そんな時に体育の時間。

マラソン。

大変辛かった!

で 体育の先生はおデブの生徒とほぼ並んで
最後尾に走る私を仮病扱いし 「まじめに走ってない」と
もう1周トラック走らされたこともある(デブは走らせないのに!)ので 
ついに涙ながらに靴下を脱ぎ、訴えたことがあった!

なんで「ついに」かって言うと しもやけになってます と
言うのが恥ずかしかったのだ。
体育の時間はブルマーになると
5分もたたないうちに足の指は感覚を失っていた。
そこへ走るとジンジンしてきて 痛くなる。
まー、ブルマ忘れて 長ジャージをはかせてもらう嘘は
ついたことあるけど仮病じゃない!

夏のプールも貧血もちの 万年冷え性で唇紫になるような女子だった。
そんなこんなで体育は嫌いだ。

大人になって 特に一人暮らしをはじめた頃から
ならなくなって 体質も変わってきたのだと思っていたら。

なった。

何故に今????

仕事もなく家にいるよ?

寒くないぞ?

足が冷たすぎて感覚がなくなったりする日々を経たら 
やってくるんだよ 私のは。

でもなった。

靴下はいてたよ????

珍しく親指の横の指(人指し指?)だけ。
大して痒くはないし 辛くない。

けど なんで今なるんじゃい (TOT)

家でぬくぬくと生活してるはずですぜー?

何故に・・・・・・・・・


  1. 2006/12/21(木) 01:31:42|
  2. 珍生活|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

選択肢

人工中絶について asahi.com の記事から。

16~49歳の女性の6人に1人の割合で経験している

そんな推計が、厚生労働省研究班と日本家族計画協会の共同調査で出た。
2/3近くが条件つきも含めて中絶を容認しているが、
経験者の多くが精神的なショックを受けていたこともうかがえた。

調査は2004年10~11月に層化2段無作為抽出法で実施、
全国の16~49歳の女性890人が回答した。人工中絶について、
全体の59.9%が「一定の条件を満たせばやむをえない」とし、
「認める」(5.5%)と合わせると65.4%が容認派で、
「認めない」の7%を大きく上回った。

一方、人工妊娠中絶の手術を経験した人は16.3%。
うち約3割が複数回実施し、
初めて手術を受けた年齢は20歳以下が31.7%を占めた。

最初の手術を受けた理由は、
「相手と結婚していない」(22.1%)、
「経済的余裕がない」(17.2%)、
「仕事・学業を中断したくない」(9.0%)、
「体が妊娠・出産に耐えられない」(8.1%)と続いた。

初めて手術を決めたときの気持ちについては、
「胎児に申し訳ない」(55.9%)と、
「自分を責める気持ち」(15.2%)が7割を占めた。
一方で、「自分の人生において必要な選択」が11.7%だった。
[選択肢]の続きを読む
  1. 2006/12/19(火) 00:57:02|
  2. ささやき|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

遊んでー

いつもは婆さんが 玄関をあけて入ってきます(鍵持ってるので)。

で、服を着せたら 買い物へ出かけます。
その間 爺さんは 下であたし達を待ってくれています。

この日は早く来てくれたので昼ご飯はうちで 食べることになり 
爺さんもあがってきました。

うちの爺さんは 68歳。
一途でマジメな働き者です。
わたしが小さい頃に失踪した時期があったけれども 
帰ってきてからは 反省し 
婆さんと娘達のために働いて生きると決めて生きている。
あたし達も それを長年かけて理解してきました。
 
長年かかったのは 爺さんが仕事でずーーーーっと不在でしたので
あたし達が起きている時間は母と娘たちで 
生活は成り立ってて 両親はもう離婚するに違いない と思ってました。
婆さんが過去の出来事を 長年許しきれずにいたからです。

その辺の話はココで書きました。

あ、話は戻りますが。

爺さんは 基本的に 優しい責任感のつおい人です。
孫ができるまで 知らなかったんですが 
子供がとっても好きらしく ふと 子供のオモチャ売り場などで
トギ助をみてくれている間 横にいた子に 本の内容を聞かれると 
そのまま絵本を最後まで読んであげたりしてしまうような人。

そして 最近絵本とオモチャ(欲しかった木製のレール)を買いました。
マブダチからトギにいただいた誕生日祝い金で今後も
パーツを増やさせていただこうと思っチョリます(^^)
あくまで トギ助のために買うのであります!

そこで 最近仲良しの爺さんに シュシュポポを手渡す トギ助。

家ではあまりトギと遊ぶことがない爺さん。
よっしゃ 一緒に遊ぼう!とスタート

わたしはその間、昼飯の支度です。

しばらくして トギが足元にへばりついてきました。
婆さんは煙草を吸いに 出てゆきました。

「え、爺さんは?」

話し掛けるも返答なし。

「あのー、トギみといてもらっていい?」

「・・・・・」

聞こえてないし。

20061217230354


あああ 遊んでやってくれ~い。

似たもの夫婦だ あんた達は。

孫を放置して 自分がはまってしまうんだわね。

たしか 甥っ子の時も爺さんはレール組み立てにはまって
甥っ子は外に遊びに出ちまったね。

わしゃ 祖父母が子守りに来ているのに 
抱っこしながらゴハン作りです。 


[遊んでー]の続きを読む
  1. 2006/12/17(日) 23:03:54|
  2. 珍生活|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

いただきました

かねてから いろいろいただいている かいねたんの お知り合い
通称・先生から。

木製のカタカタ(手押し車)だいぶ前にいただいてますが。
20061215225547

色や形が可愛いくて好みです。
トギはこれをすっかり椅子と勘違いしている様子でよく座ってます。

チェコ製の木犬(木馬?四輪車?)
20061215225546

チェコ、ドイツ、ロシア地方のものが 木馬は名高いらしいです。
しかし 精巧な作りで 胴体も尻尾も曲がるし くねらせて運転できる。  
車輪のゴム以外の部分は全部木製。
ねじというのがなく、くねくね接続の部分も木製なのが驚き。

た、高そう!

その他高いベビー服もいただいてきましたが

ありがとうございました☆
  1. 2006/12/15(金) 23:06:49|
  2. BABY|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ちーちゃん。

最近 命について考えることが多い。

子供の命や家族の命。
人間の 生があれば死がやがて訪れる。

大切な人の大切な友達が亡くなった。
その友達は かいねを通して
私の未婚出産に多大な援助で手を貸してくれた人・ちーちゃん。

急な訃報で どうしたらいいのか
どう受け止めたらいいのか 実感もなく
あの時の助けに ちゃんとしたお返しもまだできてない。

かといって 今 何をできるわけでもなく 
ここで文章にしようと思ったら 何度も手が止まる。

もし そこにいたとしたら何かできたであろうか。
人の死を前に 自分の無力さを感じる。

彼女はちょうど1年前(12月15日)に 
このブログにコメントくれてます。
その次の週にトギ助にも会いに来てくれてました。
かいねを通してほんの短い間で 私の人生の中でもっとも
濃いところをお見せし、助けてくれたちーちゃん。
出合った時は私妊婦、そしてまだ人見知りな態度だった。
会いに来てくれたとき 母乳やりが終わったら 
ちゃんと飲みにゆきたいねと話していたねぇ。
泥酔する姿を見てみたいわぁ などと笑いながら過ごしましたなぁ。

せめて「ああ、そういえば かいねとこの2人はどないなったかな?」
と空からいつ見にきてくれても 恥ずかしくないようにしっかり生きます!

そして母乳やりは終わりましたよ。だからいつでも飲めますぞ。

私なんぞよりも彼女を長年知り、慕うかいねほか 
ちーちゃんのマブダチ軍、みんな集まれる日がきたら 
短い付き合いではある私たちも
その仲間に入れてもらってやや酒を飲みながら 
その命を偲びたいと思う。

もちろんちーちゃんの分も大ジョッキは用意しよう。


  1. 2006/12/15(金) 14:24:20|
  2. マブダチ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
前のページ 次のページ

ドン妻

10 | 2020/11 | 12
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search